キャリアコンサルティングとは?


キャリアコンサルティングとは、

厚生労働省の定義では、

 

『労働者の職業の選択、

職業生活設計又は職業能力の開発及び

向上に関する相談に応じ、

助言及び指導を行うことをいいます。』

 

とされております。

 

しかしながら、

キャリアとは、

職業におけるキャリアと意味するものに

限定されない実に幅広い概念であり、

キャリアコンサルティングとは、

単に職業相談だけに限定されない人生全般を

取り扱うものでもあります。

     

よって、ご相談の中心は、

働き方や、将来の職業生活設計や、

職業能力の開発、職業選択、進路相談等が

勿論、キャリアコンサルティングの

範疇ではありますが、

そのいずれかの問題や課題を

解決するために、

 

例えば、

 

ご夫婦間のコミュニケーションの問題、

親子関係(新卒学生の方や未就業の方々)や

家族関係の課題、

上司や部下とのリレーションの課題、

職場環境(人間関係を含む)への

働けかけの必要性や、

就業環境改善の必要性の課題、

(長時間労働やサポート資源の薄さ等含む)

ご自身の自己理解の不足

(ご自身の興味、関心、やりがいや

ご自身の強みの明確化や、

最後まで捨てきれない

大切な価値観の再認識や、

自己点検や自己の棚卸し等

のいわゆる内省化の必要性)

仕事理解(職歴の棚卸し等含む)や

役割理解、職制理解、環境理解等の不足や、

(特に新卒学生の方々や

未就業の方々や若年層の方々における)

啓発的経験の必要性、

キャリアデベロップメントやキャリアパス、

キャリアサバイバルの課題、

(主に企業におけるサラリーマンの方々)

中長期のキャリアプランや

ライフプラン、マネープラン展望の

不透明さの課題、

サポート資源(人材資源含む)の活用の

観点の不足、

必要であろう情報の不足や

効果的な情報収集等の課題、

自信を失ってしまった等における

ご相談者の方の

自己効力感の醸成を意図した

達成経験の振り返りの必要性や

モデリング資源の発掘、

又、

ご自身、あるいはご家族が

メンタルの問題を抱えておられ

ながらのご就業が困難であるや、

ご自身のご病気やご家族が

ご病気をされている中での

ご仕事上の問題や、課題、

親御様の介護をされておられながら

ご自身のお仕事の問題や将来の不安に

さいなまれてらっしゃる。

そして、

子育てをしながら

お仕事をされておられ、

家庭とお仕事の両立に悩まれて

いらっしゃる等々、

 

実に様々な課題や問題への

取り組みがご支援の対象となります。

 

この世の中を見廻すと、

現在、

私たちが暮らすこの日本で

課題や問題となっている

先行き不透明な時代をどのように働き、

どのように生きるのかを問われている

私たちの捉え方や考え方、

感じ方等の変容の必要性への支援があり、

夢や希望がなかなか抱けない世代の

より良い生き方に向けての

展望やビジョンの構築の支援もあり、

他には、

高齢者の方々の

セカンドキャリアの構築のご支援や、

80-50問題等に見られる

未就業の扶養されている方々への

キャリア形成支援、

氷河期世代の方々の

適職支援やキャリア形成支援、

前述した通り、

ご自身のご病気や介護が必要な方が

お身内にいらっしゃる場合等

の働き方やキャリア形成のご支援や、

女性の働き方改革のおける実情との

ミスマッチ解消の為のご支援、

家庭と仕事の両立にまつわるご支援、

今後益々増えるであろう

独立起業における障害や、厳しい環境を

乗り越える為の各施策の活用や

視点の移動の必要性のご支援、

 

等々、

実にケースは様々であり、

キャリアコンサルタントが関わる

課題や問題は、

私たちに性格や性質の個人差があるのと

同じように千差万別であり、

非常に多岐に渡るのが実際です。

 

又、そして、

実際的には、

日本では、

キャリアコンサルティングという

名称ですが、

世界基準では、

キャリアカウンセリングと称しており、

キャリアコンサルタントである私は、

キャリアカウンセリングを

常に意識しております。

その意味合いとしては、

あくまでも、

ご相談者様とキャリアコンサルタント

である私は、フラットな関係性であり、

ご相談者様の自主性の尊重や、

自己決定権の尊重や、

自律的な意思決定のご支援が

本来的な役割でありますから、

カウンセリングという

意識やマインドが

必ず必要ということとなり、

キャリアコンサルティングとは、

キャリアコンサルタントである私が、

カウンセリングの手法を取り、

上記の様々な課題や問題を

ご相談者様と共に考え、

ご相談者様の本質的な課題に

無理なく気づいて頂きながら、

キャリアコンサルタントの視点での課題を、

アセスメント(見立て)し、

(会話内容は勿論、各種テストや検査を含む)

課題なり、問題なりの核心を

抽出し、特定し、

必ずそれらをご相談者様と共有し、

(問題把握の共有)

ご相談者様と共有した課題を

乗り越えるための

目標設定を合意の下に行い、

より具体的かつ、

より現実的な方策(解決方法)を

行って頂く為のご支援をしていく。

そして、

ご相談者様が行われる

スモールステップ(徐々に)での

方策の実行を支えていく、

あるいは、

上手く実行できなかった場合などは、

再度目標設定を見直す、

修整するなどを繰り返し、

これも互いに共有しながら、

ご相談者様の自律的な意思決定を

サポートしていくということが

求められているからです。

よって、

これらのプロセスがあってこそ、

(キャリアコンサルティングにおける

システマティックアプローチと

いう理論となります。)

ご相談者様とキャリアコンサルタントの

信頼関係が構築でき、

その上で、初めて、

ご助言や、効果的な情報提供や、

ご指導等を講じさせて

頂く場合もあるということとなりますし、

そもそもが、

信頼関係が構築できていない人物からの

助言や指導が効果的なものであるとは、

通常、考えられないからでもあります。

(この観点が、カウンセリングマインドと

なりますし、私のカウンセリング手法は、

来談者中心アプローチを基本とし、

認知行動アプローチや動機づけ面接、

あるいは、より折衷的な

マイクロカウンセリングという技法を

採用しています。)

 

以上のように、

キャリアコンサルティングのご説明が、

職業や仕事を主にご相談の対象とはするが、

問題や課題解決に向けて取り組むにあたり、

人生全般の諸問題に絡むものも

含まれていく、

そして、

私のキャリアコンサルティングとは、

本来的には

キャリアカウンセリング

であるということが、

上記ご説明で、

ご理解くだされば幸いです。

 

職業やお仕事に関しての問題や課題や、

職業やお仕事に絡む諸問題や諸課題に

お悩みの場合は、

キャリアコンサルティングを

是非、お選びくださればと存じます。

 

国家資格キャリアコンサルタント

国家検定キャリアコンサルティング技能士2級

ココロテラス

津村健司