心理カウンセリングとは?


現在まで、当ココロテラスにて心理カウンセリングをさせて頂いているクライエント様は、心療内科や精神科で確定された病名診断が出ておられる方々が約3.5割 (寛解の方含) 、日常の「悩み」の解決、解消を目的に利用される方々が約6.5割となっております。男女比で申しますと、女性約6.5割、男性約3.5割。最近、男性の方々のご相談が徐々に増えてまいりました。

 

当ココロテラスの特色は、どちらかと言えば、「心の病気」を発症される前の方々が、「健康な心」を取り戻されるために心理カウンセリングを身近なものとして活用されてらっしゃるということでしょうか。( 以下、心理カウンセリングをカウンセリングと略します。)

 

ですから、ご夫婦間の問題や恋愛の問題、お仕事の悩みや人間関係の問題、将来の不安や焦りといったついつい他者と比較してしまうご自身の価値観との葛藤等々、ご自身で何とか懸命に改善や解消を試みたけれど、もう、自分ではどうして良いのかわからないほど思考停止の状態に追い込まれていらっしゃったり、辛く、憂鬱な日々を過ごしてらっしゃる方。「ご自身」を「全否定」してしまう位、「ご自身を追い込んでしまい」苦しく、明日の生きる希望も見えない方。是非一度、お気軽にご相談ください。ご一緒に、その「苦しさ・辛さ」を解消し、問題を解決、解消してまいりましょう。全力でサポートさせて頂きます。

 

私が考えるカウンセリングの本質とは、簡潔に言えば、「自己の成長・発達を援助する」ということです。

もっと分かりやすく言えば、「あなたらしく、そして今まで以上に、人生をより豊かに送ることが出来るようにサポートをする」ということであり、カウンセラーはあなたの心の一番身近にいる専任の心のサポーターといえます。 カウンセラーは原則的には「ああしなさい」「こうしなさい」と指示をするようなことはいたしません。勿論、ご助言やご教示は、その方々の心の状態によって、適切に、丁寧に分かりやすくさせて頂きますが、あくまでも、その抱えてらっしゃるお悩みや、問題、課題に基づくものの範疇であり、あなたの性格が悪いのだから変わりなさいであるとか、考え方をこういう風に変えなさいであるとか、だからあなたは駄目なんですのようなあなたを全人的に否定するような頭ごなしな極めて抽象的で一方的な意見を述べることや、あなたとの合意無き目標設定などをすることは一切ございません。それらを私はカウンセリングとは一切呼んでおりません。人は、自身が意思決定をしてはじめて行動に移すことが出来ます。よって、他者の助言や教示を鵜呑みにして、その行動をしようと躍起になったところで到底出来るはずもありません。ですから、カウンセリングの目標設定は、スモールステップが原則です。いきなり解決などが出来るとしたら、そもそもがカウンセリングなどというものは不要なはず。徐々に、まずは出来ること、出来そうなことをあなたとの合意の下に目標設定し、段階を経ながら、例え行きつ戻りつしても、その時々であなたと密に相談しながら適宜修整し、あなた自身の確かな行動変容の実感や体感などを経て、あなた自身があなたの望む最終ゴールに至ります。

 

だから、カウンセリングとは、話をただただ聴くだけで終わらせるといった世間一般の誤解のようなものではなく、極めて能動的な技術を要するもの、かつ、より具体的なものなのです。(聴くという行為は、勿論重要ですが、技術の一部と言えます。それは、全てではなく、あくまでも、カウンセリングのパートに過ぎないということ。傾聴技法などという言い方にその意味が表れています。)

 

悩みが複雑に入り組んだりして堂々巡り。そして、負のスパイラルに取り込まれてしまいなかなか抜け出せない。

 

そんな時、カウンセラーはあなたのお話を丁寧にお伺いしながら、あなたの辛さや哀しさに共感し、純粋に質問し、がんじがらめに絡まった糸を一緒にほどいていきます。一緒にほどいていく際に、カウンセラーは、あなたの心の鏡となります。そして、あなたはその鏡を通してご自身を見つめます。糸をほどいていく過程では痛みを伴うかもしれません。避けたいこともあるかもしれません。そんな時は、無理をしないでゆっくり見つめていきましょう。あなたの心の叫びや訴えを。そして、あなたの真実の想いを。時には、あなた自身が心の叫びや訴えや、真実の想いを知り、痛みが伴い戸惑うことがあるかもしれません。そのためにカウンセラーはあなたの心のそばに寄り添っています。痛みが伴った時、はじめて気づきが生まれることが実に多いことをカウンセラーは知っています。そして、その気づきが腑に落ちた時、一気に目の前が開けていき、新たな希望や、決意が生まれます。その新たな希望や、決意を背景に、より良く変化していかれ、その変化を、真にご自身のものとなされるまでカウンセラーはお手伝いをいたします。カウンセリングはあくまでもあなたのペースで行います。無理に気づきや変化を誘導するようなことは決していたしません。何故なら、カウンセラーは鏡の大切さを知っているからです。前述したように、例え、気づきや変化を誘導したとしても、それは全く無意味なことだと知っているからです。

 

人が気づき、腑に落ち、変化していくということは、自分自身で見出し、徐々に変化を成し遂げているという感覚が伴って初めて得れるもの。だからこそ、思考や感情や行動を変えることが出来るということであり、自身の成長を体感出来えるからこそ、思考、感情、行動の変化を受け入れることが出来るということ。これは、よくよく考えてみると、過去の自分とのある意味の決別を意味します。(過去の自分を全否定するのではなく、そんな自分だからこうしてこれまで成長出来たということがある をまずは認めること。そして、これまでのご自身の大切な様々な経験は、今後の人生の同じような課題に直面した時に必ず活きてくるもの、必ず活かされるものであると捉えること。そのプロセスは、これからを生きる技術(スベ)を「新たに」「付加して」身につけると言っても良い。これらを「過去との決別」と私は捉えています。) 毎日の筋トレに励む人々、日々の瞑想にいそしむ人々、皆さん、その効果を体感されいるはずですよね。心の成長も全く同じこと。自身の心の成長に取り組むことに遅すぎることはなく、老若男女も全く関係ありません。私たちは、生涯、成長し続ける生き物です。つまりは、過去の自分と決別出来るほど、成長出来る可能性が私たち誰しもにあるということ。その一翼をカウンセリングはお手伝い出来るということです。

 

今、目の前の問題や課題は、必ず形を変えて今後の問題や課題となっていく。ならば、いつそれに挑むのか?私たちは、いつも自分自身にそう問われています。

 

 

国家資格 公認心理師 (登録番号 第65117号)

国家資格 キャリアコンサルタント (登録番号 17015394) 

国家検定 (国家資格) キャリアコンサルティング技能士2級 (技能士番号 第16S17407342号)

ココロテラス

津村健司