· 

八方塞がりの時

生き方


人生には

八方塞がり

の時が誰しもにあります。

前にも後ろにも左右どちらにも

進めず、高い壁がそびえ立ち

行く手を塞ぐ。

なんとか手を尽くして進む方向を

探すけどどうしても見つからない。

焦る。苦しい。辛い。不安。


そんな時にどうするか?


まずは、

ジタバタあがかず寝転がる^ ^

すると、

見えるのは天。

天が空いているじゃない。

高次から眺めてみるのが一つ。

次元を変えて眺めてみる。

でも、

寝転がって天も塞がっている場合、

いわゆる四面楚歌の状態。

その時は

寝る^ ^

幾晩かそこら

ゆっくりと寝てみると、

何処かしらから光が漏れているもの。

一晩ではまっ暗闇だが、

幾晩も完全で鉄壁な暗闇が

あり続けることはまずなく、

何処かしらから光が漏れる場所がある。

その漏れる場所をこじ開けて進む。

これが二つ目。

で、

三つ目は、

光が漏れている場所を

例え見つけられなくとも

暗闇に目が慣れるってこともあり、

壁の高さや重量や形状を

ボンヤリとでも見る事は出来る。

だから、

弱くて脆いと感じる場所をこじ開ける。

四つ目は、

例え目視で感じられなくとも

壁をコンコンと根気よく叩けば

薄いか厚いかは耳と触手で十分分かり、

薄い壁を集中してぶっ壊す。

五つ目、

五つ目は、

幽体離脱して^ ^

壁の外側から壁を見る。

すると壁があると思っていたけど

実はハリボテってところがあり、

ハリボテの壁を指先でコツンと倒して

その方向に進む。


で、

これらをやってもどうしようもない時。

そんな時。

(ここまでやらないとダメですよ^ ^
ショートカットは出来ません。)


暗闇の中でじっと目を閉じ、

じっくりと自分の心を見つめてみる。

すると、はっきりと分かるのは、

自分の外側に壁があるのか

内側に壁があるのか。


外側の壁なら力の限り助けを呼ぶ。

本当にその壁が外側の壁ならば、

誰かが必ず助けに来てくれる。

でも、

得てして壁は自らの内側にあり、

その内側の壁は自らが造った壁だと

いうことに人は気づく。


気づいたらやることは一つか二つ。


その壁をなんなく突破するか、

その壁の中でじっと生きるか。


一つ目を突破力と言い、

二つ目は適応力と言う。


一見すると

突破力の方が良いとされ、

皆んな突破力を勧め、

突破出来た人々を称賛する。

でも、

適応力も素晴らしき力と私は思う。

何故なら、

真に適応出来ているのなら、

何の苦しみも感じないはずだから。


自分の人生は自分で決める。

決めたい。

と皆んな思っていて、

実は決めてきているからこそ今がある。

それを真に感じたなら、

自らが決めれば良い^ ^


自らの決断は

いつも、常に正しい。

そう思えると

壁はあっけなく消え去っていく。

信じて。