· 

怖さ

生き方


僕たち人間の根本は、

恐怖に支配されている。


お猿さん?かチンパンちゃん?

の頃から^_^

僕たちは、

暗いところが怖かったろうし、

暗くていつ獣に襲われるかの恐怖から、

火山か自然発火かは分からないけれど、

火を集めることを覚え、

夜間に身を守るスベを身につけた。

ある時、

賢い賢いお猿さん^_^

諸説ありますが、

風で擦れ合った枝が偶然発火するのを見て、

落ちている小枝と小枝を懸命に

擦り合わせます。

懸命に懸命に

来る日も来る日も。

そうして

火を焚べる

ってことを身につけた僕たちの遥か祖先は、

身を守る為の火をエネルギーに変え、

今日までこんなに素晴らしく発展してきた。


何の為に僕たちは生きている?

この観点から考えてみると、


恐怖から逃れる為に生きている。

って言える。


何の恐怖から?


先ずは、


死の恐怖。

人間関係や経済や仕事や

それら社会的な恐怖。

愛の恐怖。

愛されたいし、愛したい。


恐怖 恐怖 恐怖・・・


裏返すとね。


それら全ては、


生きる恐怖が根底にあるってこと。


生きるのは怖いことです。

とても怖いことです。

それは、

お猿さんやチンパンさんの時代と

全く一緒の状態で、

その部分は、

進化なんてしていないってこと^ ^

大脳旧皮質に

クッキリバッチリ残っている。


だから、

その恐怖から逃れる為に、

言語が生まれ、文字が生まれ、

まじないが生まれ、

集団が生まれ、仲間が生まれ、家族が生まれ、

哲学が生まれ、科学が生まれ、

文学が生まれ、文化が生まれ、

娯楽が生まれ、

スマホが生まれ^_^


暗いの怖い。

孤独が怖い。

一人が怖い。

未来が怖い。


怖い怖い怖い。

から逃れる為に

僕たちは生きている。


怖いのは


当たり前(^O^)


怖さを認めましょう。

ビビりを愛しましょう。

震えながら生きましょう。

ビクビク生きてもいいじゃない。

メソメソ生きてもいいじゃない。


僕たちは、

所詮は

お猿さんの ちょびっとだけの進化版。

お猿さんが下等で、

人間だけが上等ってわけではないですよ。

彼らは彼ららしく懸命に生きている。

チンパンさんも同様です。

ゴリラ君も素晴らしい。


万能感は邪魔にしかならないよ。


人間が人間らしく生きるには、


ビビりもって生きればいい。

強がりなんてしなくていい。


そのまんまで 

あなたはいいですと〜???

そのまんまの 

ビビり(^o^)で大いにいいんです。


人間らしく生きるのは、

震えながら生きればいい。

情けない自分を呪えばいい。

いけてない自分を憐めばいい。


先ずはそこを認めないとさ。

朽ちた枯れ木同士を擦れないからさ。


でね。


だからこそ初めて、

火を手に入れることが出来るんよ。

必要だからね。


ビビり続けるのは

とてもとても

しんどいことだから。


それこそが、

人間が人間たる所以です。


ビビりの塊が

僕たち人間。


だから、

生きる目標が出来る

ってこと。

それを、

課題って言ってみたり、

生きがいって言ってみたり、


幸せ

って呼んでみたり、


ビビりがあるからこそさ、


私たちは今ココにみんな在る。


生きる原動力の恐怖ってやつをさ、

もっともっと慈しもうよ。


そうすれば、

僕たちの魂は、

もっともっと灯るから。