· 

あたりまえ

生き方


あたりまえ


水は淀むのがあたりまえ

水は濁るのがあたりまえ

水は清らかなのがあたりまえ

水は波打つのがあたりまえ

水は流れるのがあたりまえ


水が私を映す時、

波紋があれば歪んで見せて、

水が私を魅せる時、

それは鏡として静かにそっと語りかける。


水を世の中といたしませう。

水を世間といたしませう。


さすれば水はいつも姿を変えていて、

姿を変えるからこそ

私たちの姿も歪んで見える。


あたりまえ

を受け入れて、

あたりまえ


あたりまえのものとする。


すなわち、


私たちの実態こそが


水そのものであるのだから、


あたりまえのように


私たちは変わっていく。


そして、


私たちは、あたりまえのように


あたりまえを愛している。