· 

思い出に生きる。

生き方


よく子どもの頃に大人から、


人生は短いんだから、
うかうかしてちゃダメだ。
無駄にしてはダメだ。


なんて、

誰もが言われたんじゃないでしょうか^_^


大人になった私はつくづく思います。


短いのか長いのか?

それは終わってみなければ分からない。

そして、

うかうか生きても

無駄にしても

いいじゃない

ってね。^_^


まだまだ若輩者で、

僭越ではありますが、

私なりにってことにはなりますが、

これまで実に

様々な人々と出逢ってきました。


でも、

誰も、

うかうか

とか

無駄とか

の人生を生きてこられた。

もしくは、

生きている。

って人に出逢ったことがありません。


唯一、

うかうか


無駄か

は分かりませんが、


大切な色濃い思い出を携えて、

その鮮明な思い出に

浸りながら、

これからの人生を

生きていこうとしておられる

高齢者の方々にも沢山お逢いしました。


で、

私は感じたんです。


その色濃さや、大切な思い出が

例え、一瞬の経験であっても

人はそれだけで、


充分に生きていけるって。



唯一、

うかうか


無駄か

人はそういう形で表現する

かもしれないけれど、

それで生きていこうとするのも

いいじゃないってね。


でも逆に、


色濃い大切な思い出たちがないように感じ、

明日生きるのさえもメンドくさく、

早く逝ってしまいたいと願う

高齢者の方々にも

沢山出逢ったことも事実です。

でも、

介護に従事する方々の献身的な

心と身体のケアにより、

もう一度、人生を取り戻そうと

前向きに生きようと変わられる方々も

これまた沢山いらっしゃいます。



つまりは、

色濃い思い出を創れればいい。


それは例え、

一瞬でもね。


その後の

うかうか生きる

か 

無駄に生きるかは自分次第。


でも、


色濃い大切な思い出があれば、

うかうかと無駄に暮らす

ってことも

それは、

高齢者の方に限ったことではなく、

私たち皆んなに許されている生き方ってね


そんな風に思えます。



色濃い思い出を創れるのは、

やはり経験から生じた行動が要、


それがもし、

現時点で無いのならば、


今からでも

ガムシャラに遮二無二に

それらを探して生きた方が良い^_^


それこそ、


うかうか、無駄のまま


この世を去るのが嫌ならね。


でも、


ガムシャラ、遮二無二に探しても、

そんな色濃い思い出となるものが、

見つかるとは限らないし、

できるとは限らない。


でも、


そのガムシャラ、遮二無二こそがね。


色濃い思い出となっている^_^


そんなご高齢のご婦人に、

そんな話をお聴かせ頂けた時、


爽やかさと共に、

涙がでました。


無茶苦茶、

その方から、

人生のお勉強をさせて頂きました。


その方から教わり、

私なりに理解したことが、


繰り返しますが、


うかうか、無駄に生きてよい。

ただし、

その為にやるべきことがあるでしょ

ってこと。


その聡明なご婦人は、

当時、100歳の方でした^_^

随分と可愛がって頂きましたし

今も感謝しています。

何故なら、

人間というものの深さというよりも、


深いようで、


実は


とてもシンプル


ってことが知れたので。


ご参考まで。