· 

性格

生き方


性格

とは色々あって、

基本的には類型論と特性論って

のがあります。


まあ、

一番シンプルなのを取り上げると、


円を想像してみてくださいね。


その円の一番真ん中にあるのが、

気質。

で、

その外が

気性。

その又外が

習慣的性格で、

一番大外が

役割的性格。


又、

内から順番に、

it(es)→自我(ego)→超自我(super ego)

なんてことも言ったりもする。


で、


性格は変わらないのか?

ってご質問をよく受けます。


私は、

性格なんてもんは、

めっちゃ変わることが可能だと思う^_^
(実際に変わりはるしね^_^
自分もめっちゃ変わっているし(o^^o))


どういうことかと言うと、


最初に挙げた4つのものを例に挙げると、


真ん中の気質や、

その外側の気性なんてものは、

なかなか変わりません。


でも、


習慣的性格と役割的性格は、

意識すれば、

直ぐに簡単に変えられる。


で、


それが変わると気性も緩やかに

必然的に変わっていくもの。


気質は正直難しいかも?


そんな感じです^_^



こんな性格、変えたいな(>_<)

って多くの人が仰いますが、

方法として挙げるとすると、



性格変えたきゃまずは、


一番外側の

役割的性格を変えることから始めれば良い。


良い奥さんをやめればいい^_^

良い部下をやめればいい^_^

良い人をやめればいい^_^


張りぼての自分をやめればいい^_^


悪い人になれってことじゃありません^_^
(それでもいいけど^o^)


ただやめるだけ。


で、


なかなか

やめれないのは、

習慣的性格がやめさせないだけの話であり、


習慣的性格は、


基本的には誰かに刷り込まれたもの^_^


それ、


あなたの性格だって思ってるだろうけど、


ほんま?


多分、


うそ^_^


役割的性格でもし詰まってはるのなら、

習慣的性格は、

多分、

誰かに刷り込まれたものです(^○^)


だから、


嫌だったら

やめなはれ^_^


あなたじゃないあなたなんでしょ?

嫌なんでしょ?


だったら、


やめなはれ^_^


誰かに

刷り込まれた習慣は、

今度は自分で

刷り込み直して新しい回路を創るしかなく、

古いやつは

失くすのではなく、

ちゃんと嫌だってことを認めて、

そっと置いておく。


で、


新たな習慣を創るモチベーションにする^_^

だって、

こんなクソしんどい習慣的性格

嫌でしょ^_^

ってこと。


でも、


古いその嫌な習慣的性格でもね。

敢えて失くさないのは、



今までそれによって、

助けてくれたことも

きっとあるだろうから^_^


大事に大切に置いておきながら、

新たな習慣(やめる)を強化していく。
(すると、勝手に薄まっていきます。
皆んな、失くそうとするから
かえって強化されたゃうから
途中でドロップアウトする。)


つまりね。


性格って、

大きく括るからややこしくなる。


今挙げた

4つのやつ。


気質→気性→習慣的性格→役割的性格

って分けて考えればいい。


なら、

出来そうでしょ^_^


嫌だったら、

やめる。

変える。


逆に言えば、

それ出来なけりゃ

性格なんて変わりませんよ^_^


それでいいの?

ってことです。


役割に紐ずく行動や態度や言動をね。

少し変えてみよう^_^


そこからです。


顔晴って!!


ご参考まで。