· 

質問力

生き方


「なんで出来ないの?」


私たちの誰もが、

例えば養育者などからそんな風に言われ

育てられました。


「なんでそんなことも分からないの!

いつも言ってるでしょ!!

もう!この子は〜🗯」


なんてお母さんが子どもに叱っている

場面も日常茶飯事に見受けられます^_^


本人にしてみれば、

だって、

分からないものは分からんやん(ToT)

です。


で、

分からないことはダメなこと。

分からなかったら叱られる。

なんてことが身について、

社会に出てからも、

分からんかったらバカにされる

なんてのも学んでいって、

良い風に進めば学究肌の探索家に

なったりもするが、


ほとんどは、


私のように^_^

分かったフリでやり過ごす^_^

もしくは、

分からんもんは分からんから

仕方ないやん!

って開き直ったりするようになる^_^



ごくたまに鋭い人がいて、

今説明したことを説明してみて

なんて言われ、

全く答えがズレていると


やっぱり私はダメなんだ(ToT)

なんて思っちゃう。


なんで?


何故?

って問いかけに対し、

私たちは割と無頓着に無意識に反応し、

責められているから言い訳を探す的な

刷り込みによる対応をしがちとなる。
(あるいは開き直って拗ねてみたり、
落胆したフリをして相手に罪悪感を
与えたり^_^実に様々。)


それでは

何故?ってことが

いつまで経っても解き明かされる

わけがないよね〜(^O^)


カウンセリング講座でも
しょっ中お伝えしている
ことですが、


何故出来なかったのですか?


って質問の仕方ではなく、


何が出来なくさせたんでしょうね。

あるいは、

何が出来なくさせているのでしょう?


って言葉に変換させる。


出来なかったのは良くないことかも

しれないけれど、

仕方がないやん、

自分でも分かってるんだから

ほっといてくれよ!

私の何が悪いのよ!

なんてことに人はついついなりがちで、

そんな質問をダイレクトにしたとしても

責められているなんて感じがしてしまい、

内省化が全く進まなくなっちゃって、

ご自身がご自身で考えていくという

大切なプロセスの芽を摘んでしまう

ことにもなりかねない。


これ、


自分自身の内的照合にもかなり使えます^_^



自分の何が出来なくさせているのだろうか?



って自分に質問したとしたならば、


何で自分は出来ないのか?


っていう結果に対する是非よりも、



問題解決の方向に自然に

思考は向いていくもの。



つまり、



単なる感情の習慣化された反応ではなく

思考の力を借りるってこと^_^



何が出来なくさせているのだろうか?

そうか、

きっと私はコミュニケーションの仕方が

分からないからなのだ。


だから、


学ぶ必要があるよね。


とか、


そうか、

私はきっと表現力が乏しいのよね。


じゃあ、


読書で表現力をもっと身につけよう。


とかに自然となる。



つまり、


性格とか性質とかの人格的なものではなく、

一つのスキルが足らないに過ぎないって、

論理的に定義するってことに繋がる。



立ち止まってしまう人のほとんどは、

前述のように、

出来ないのは仕方がないやんか!

「私なりに」頑張っているのに

酷い酷いわ〜

って感情優位の開き直り^_^が多いけど、


進む人は、

出来ないから出来るようにするには

どうしたら良いのか?ってのを考える。


もし同じように、

問題解決の為に道を切り開いていくとしたら?


どちらの方が継続していけるのだろうか?
 

答えは明白ですよね〜(^o^)



質問力により


人生は確実に変わります。


自身に対する良質な質問力を。


変わりたければね^_^

成長したければね^_^

このモチベーションが高ければ高いほど。


質問力の仕方を変える方法は、

効果が如実に表れるものです。


お試しを^_^