· 

わたし探し

生き方

最近の私は、

私探し的?

なものがマイブームです^ ^
(厳密には私探しではないのですが)
 
マイブームといっても二度目のマイブーム。


一度目は御多分に洩れず

セルフイメージを確立するってやつ。

そいつは結構長い時間はかかりましたが

ピリオドを無事迎えました^ ^


で、


今凄く日々感じるのは、


そもそもが


「私」

というものが存在するのかどうか?


っていうこと。


「私」は多様に様々に変化します。

今日と明日も違うだろうし、

日内変動なんて頻繁に起こる。

私は私にフォーカスしているから

結構敏感に変化が分かるけれど、
(これも気のせいかもしれませんが^_^)

意識していないとほとんど無自覚に、

人は、「私」というものが

コロコロ変わっていることに気づかない。


気づくのは、

ただ、

気分が良いとか悪いとか程度のもの。


で、


その気分によって左右される自分が

「私」というものと誰もが思っているから、

こんなコロコロ気分に惑わされてはいけない

とか思い、

もっとしっかり自分を持って頑張ろう!!

なんてハリキッテ思っちゃう。


そこから

多くの人は、

「自分探し」なんてものに移行する

のであろうが、


そもそも気分なんてものは、


体調や気候や気温や

人間関係に基づく出来事や、

そんなものに左右されていると言え、


つまりは、


私が実存すると感じれるのは、

何かの対象と関係性を持つってことであり、

それは繰り返すが、


自分と思っている自分とや、

自分と他者とや、

自分と自然現象や、


そんなものとの関係性が無ければ自分を

決して感じることが出来得ないを意味し、


自分と思っている自分以外との

関係性が仮にもし無くなったとしたら、


私たちは、


自分というものを確認するスベを

一切持たないのであります。


ってことは、


何かとの関係性にのみ

自分というものは存在し、


その確認は、

関係性が生じたものから生み出される


気分なり感情なり思考なりを

感じ、考えるから

自分が分かるってことであり、


よくよくそう考えていくと、

自分と何かは、

常に一対を成しているのだから、


自分単体では存在し得ない。


つまり、


「わたし」

なんてものは、

そもそもが存在しないってことになる^ ^


で、


これを突き詰めていくと、

人間の生存の意味が無くなるから、

脳みそは、

本能として懸命に誤魔化しながら、

対象との関係を結ばそうと

いつも必死に動いている^ ^



どうですか(o^^o)



私たちは常に

何かの対象物と一対なんですよ。



で、

その認識を新たにして頂いたところで、


私たちには二つの権利があるってことを

お伝えします。


一つは、


その対象物と融合していくのか?


そしてもう一つは、


その対象物から分離するのか?


この二者択一の権利が私たちにはある。

裏返すと、

この権利くらいしかないのかな^ ^


だとしたら、


嫌な気分なら、

この権利を行使すれば、

たった1秒で分離出来、

嫌な人なら、

この権利を行使すれば、

ものの1秒もいらず関係性を分離することが

たやすくやすやすと出来るはず。


だから最近、

この実験を私は私でしています^ ^


で、


成果の程は?


はい。

おかげさまで^_^

全てが順調です。


ご参考まで。

この辺り、

YouTube 「悪口は空気の振動」で

違う側面から話していますので

良かったらご覧ください。


注)
ご自身、セルフイメージがある程度
確立したなって感じ、思う方は、
是非試しにこの前提を採用してみてください。
そうじゃない方は、先ずは、
セルフイメージ(自己概念)を
ご自身で見ていき探すってプロセスを
踏まれることをおススメします。
方法等は、講座でお伝えしていますので
良かったらどうぞ^ ^