· 

幸不幸

生き方


幸不幸を同一線上に捉えてはいませんか?


この不幸せがなくなると幸せが訪れる。


ってのは、

マヤカシであり幻想です。


同一線上で、

繋がっているものと思い込んでいるから

幸せが続くと次はきっと不幸が来る番だって、

その幸せな状態を恐れ、ビクビクし、

不幸を導いてしまう。
(嫌なことや良くないことについ目が向くから、
結果、不幸を感じる事態や状況を導く。)

又逆に、


不幸な状態が続いているから、

次はきっと幸せが来るだろうなんて、

何の根拠も法則性もないことに

人は期待し、切望し、

神頼み、運頼みに任せ、

結果、

ほとんどの場合は、


失望する(><)


そんな、

サイコロ転がすような人生で良いの〜?


幸不幸を同一線上にしては

ダメですよ^ ^


別もの。


っていうか、


混在して良いものとしないとね。


何をもって幸不幸を定義するか?


これは多分に主観が混ざるから

ややこしくなります。


だから、

ネガティブ、ポジティブに

置き換えましょう^ ^


ネガティブ(なこと)の後には

ポジティブ(なこと)が必ず起こるか?

※ネガティブ、ポジティブは
心の力動。つまり、方向性を意味し、
その結果、幸不幸を決定づけます。
ネガティブにしろポジティブにしろ
そのベースにあるのは
自律的な意思決定。
つまり、運不運的に幸不幸を
捉えないってことです。
それをしているうちは、
いつも事象(出来事)のなすがまま^ ^


起こりませーん。(なりませ〜ん。)


ポジティブ(なこと)はずっと続かない?


続きまーす^ ^  

続かないっていう保証は一切ない。


つまり、


ネガティブとポジティブが

いつも私たちには混在していて、

そのウェイトによって、

幸不幸の捉え方を決めている。
(自分自身が決定している。)


色々反証がある

ポジティブ3

ネガティブ1



3対1の法則性ですが、

私はそうだと思っていますし、

それを採用した方が分かりやすく

上手くいく。

それが私のエビデンス^ ^


つまり、


ネガティブ要素があっても良いが、

同時にポジティブ要素を増やして

ネガティブ要素を上回るその時々の自分を

マネージメントする。


その為には、


自らの中にある ある資源 に気づき

育てていくってことが必要です。
(同時にネガティブ要素も抽出し、
自らが知っておくってことも非常に大切。)


ある資源とは?


それは、

ポジティブなところ。

つまり、


強み。


ストレングス。


って言われるもの。


僕たちの幸不幸は捉え方や感じ方で

決まるといって過言ではない。
(大災害や大事故に遭遇したなんて場合は、
少し違うので除きます。
あくまでも日常的にという定義で。)
(セロトニン、オキシトシンなどの
神経伝達物質量にも関係します。)


次回は、

ポジティブ心理学における

ストレングスファインダー(強みを探す)

についてを

お伝えいたします。


お楽しみに(^ ^)