· 

人の想い

生き方


人の想いって大切です。


想いは理念と言ってもよく、

想いは信念と言ってもよく、


理念や信念から、

人はその人の人間性や人格や徳性などを

うかがい知る。


利己的な想いは利己的にしか映らず、

利他的な想いは豊かさを映し出す。


想いはいつも自身の基盤にあるものであり、

基盤であるのだから、

決して誤魔化しや繕いが効かないもの。


だから、

嘘の想いは空に消えるし、

ホントの想いは土を肥やす。


空に消えた想いは無いも同じ。

でも、

土を肥やす想いは土を耕し実りが成る。


容易に隠しきれない人の想いだからこそ、

隠さず誇らず保とうよ。


その為にさ、

私たち一人一人が心に映る風景を、

いつもいつも素敵なものにして

いかないと想いは決して保てない。

それはまさに、

喜びも悲しみも怒りも不安も

全てを感じ切ることからしか生まれない。


想いを保つ自利と、

人の存在を愛しむ他利という

心の二つの方向性を

決して間違わないようにしないとね


私たちの存在が、

真に存在たらしめることは

とてもとても難しい。


何故なら

存在は、

実感を伴えなければ

それは、

存在として存在し得ないものだから。