· 

ココロテラス:心理カウンセリング・キャリアコンサルティング[コミュニケーション能力]

生き方


人と人とが結びつくもののツールとして、

コミュニケーションがあります。

コミュニケーション能力とも言いますね。


コミュニケーションは、


言語、非言語とに分かれ、

どちらかと言えば非言語が大切なんだけれど、

これだけネット社会が発展すると、

実際に会う機会もなく

やり取りが進むことも多いので、

言語

の部分の大切さのウェイトが

かなり

上がってきているような気がしています。


まあ、

どちらも大事なんだけどね。


メールのやり取りやSNSのやり取りから

相手の気持ちや想いや願いやニーズやを

汲み取るのは至難の技。

文脈を読む力や、文章を読み込む力や、

分からないところを

いかに上手に聞くかなどの質問力も

必要だし、

自分はそういうつもりは無かったとしても、

砕けた

不用意な言葉を書くだけで、

相手の感情に沿わなかったり、

相手の意に添えなかったり、

不愉快にさせてしまったり、

何かと誤解を生むだろうし、

かと言って、

杓子定規な応答では距離も詰まらないし、

物凄く難しく感じます。


特に、


相手が、

何を意図しているのかが分からないような

場合、非常に困るし、

必要以上に時間を割かれるので

イライラしたり、めんどくさくなったり、

非常にストレスフルな状況に陥ります。


で、


考えて考え尽くして返答したものを

そんな方々は、

全ての方とは流石に言わないですが、

大多数の方は、

割と平気で、

あっそうですか。

はいはい^_^

的にアッサリと返す人がとても多い。


コミュニケーションが

単なる伝達手段と化している。

って、

いつも虚しく感じる瞬間です。


意思の疎通。

人と人の繋がり。


これらが加速度的に、

どんどんと希薄になってきていて、

荒れている国だからそうなるのか?

荒れている人が多くなるから

国が荒れるのか?

そのあたりはなんとも言えませんが、

今の日本は、

やっぱり

とても荒れているような気がしてなりません。


孤独な人が増え、

一人よがりの人が増え、

自分さえの人も増え、


だからこそ、

私はやっぱり

コミュニケーションを単なる伝達手段と

してだけにしたくはなく、

互いの意思疎通を目的に、

人対人

を意識してこれからも

やり取りをしていきたいと

最近、

逆につくづく思うのです。


ホント、

丁寧な方は丁寧な方。

雑な方は雑な方。

相手を慮る方は慮る方。

自分自分の方は自分自分の方。


どちらを取るかはその人次第。


そう。

その人次第。


批判することもなく、

否定することもなく、

教えてあげる必要もなく、

諭す必要もなく、


その人次第と

線を引く。


それが、

これから益々、

私たちの一つの能力として

要求されている気がいたします。


そのメールや

そのSNS。

あなたにだけそうではなく、

誰に対しても

そうしてはるのですから^_^


だから、


傷つく必要もなく、

苛立つ必要もなく、


そんな人なんだな。


で終わらせて、

決してご自身が

抱えないってことをね。


ご参考まで

お伝えしておきます。