· 

ココロテラス:心理カウンセリング・キャリアコンサルティング[与えなはれ]


2021年

あけましておめでとうございます。

本年は私たちの暮らすこの世界が

どうかより善き年となりますように。


「素晴らしきかな、人生」

というウィル・スミスさん主演の

映画があります。

その映画は、

[愛][時間][死]

というテーマを取り上げています。


[死]は誰しもに訪れ、

[時間]は誰しもに平等に流れ、

[愛]は誰しもが感じるもの。


劇中にこんな一節があります。


私は、愛を感じることがなくなった。

私が愛そのものとなったからだ。


これは、

主人公の会社の共同経営者でもあり

親友の男性の言葉です。

彼の娘に対する想いを表現したもの。


つまり、


対象となるものを欲している時、

もしくは無い時は、

人は[愛]を感じ、

対象となるものが手に入ったり、

ある時は、

人は[愛]を感じない。


前者は願望のなせるもので、

[愛]は外部の存在。

一方、

後者は[愛]と自分とは一対。

一対だからこそ感じるというのではなく、

当たり前のようにそこにあるってこと。


わざわざ言葉にしなくとも、

確実に自分自身が[愛]の存在だと

実感しているってこと。


そう私は理解しています。


今の世の中を見渡すと、

多くの人々が、

愛が欲しい。愛が欲しい。愛が欲しい。

愛されたい。愛されたい。愛されたい。

かく言う私もその一人かもしれません。


だから苦しい。


でも、


私たちは叡智ある存在です。


だからこそ、


少なくとも

自身が[愛]そのものになろうと

努力することは出来る。


それは、


決して崇高なものではなく、

決して難しいものではなく、


自身がそう決断すれば良いだけのこと。


多くの人々のその決断が、


世の中を変えていき、

自分自身を潤していく。


そう私は想います。


やり方を教えてくれですって?


簡単です^ ^


たくさんのものを

たくさんの人々へ



与えなはれ



どうぞ、

より善き新年をお過ごしください。


2021年元旦

ココロテラス

津村健司