成功の秘訣(目標の達成)


 

テーマや目標を決める人も多いでしょう。

何かを継続したい。

今までできていなかったことを達成したい。

掲げるテーマはさまざまですが、

こうした目標について、

英国の心理学者がある調査を行ないました。 

すると、

8割近くの人は目標を達成することができず、

挫折した経験があるという結果に。

研究を重ねた教授は、

目標を達成させるための秘訣を伝授しています。 

 

この調査を行ったのは

英ハートフォードシャー大学で

心理学を研究する

リチャード・ワイズマン教授。

  

英紙デイリー・テレグラフによると、

ワイズマン教授は、

これまで何らかの目標を立てたことがある人

700人を対象に

聞き取り調査を実施したそうです。

 

目標の内容は人それぞれ、

いろいろなものがあったそうですが、

「体重を落とす」

「禁煙する」

「資格を取る」

といった辺りが

一般的に見られたそうです。

そして、

こうした目標を

「達成することができたか」について

尋ねてみると、

「成功した」と答えた人はわずかに22%。

8割弱の人は、

目標を途中で諦めてしまったことが

判明しました。 

この結果を「2割も成功している」と見るか、

「8割も失敗している」

と見るかは難しいところですが、

ワイズマン教授はこの「成功した」グループと

「失敗した」グループの回答結果を研究。

成功の秘訣を探りました。 

まず、

「失敗した」グループを 

分析したところ浮かび上がったのは、

「自分の周りにある誘惑を取り除く」

「模範的なお手本に沿って行動する」

「自分の意思の力に頼る」

という類の目標を立てた人が

失敗に陥りやすい傾向。

しかも、

『もし成功することができなかったら…』と、

「悪い方向へ考える」人も多かったそうです。 

対して、

「成功した」グループに見られたのは、

目標までのプロセスに

小さなステップポイントを取り入れる傾向。

ポイントをクリアするたびに

自分自身を褒めることで、

目標達成への道を

継続させやすくする人が多かったそうです。

又、

「人に自分の目標を話す」

「目標達成時に訪れるであろう

ポジティブな面を考える」

(=ネガティブな面はあまり考えない)

「日々の記録をとる」

という人が目立ったといいます。 

 

そして、

研究を重ねたワイズマン博士は

「人々の生活を変えるのに役立つことを願う」

10のアドバイスを伝授してくれています。 

 

1 目標は1つだけにする。 

 

2 数日じっくり考える。 

 

3 以前立てた目標は避ける。 

 

4 ごく普通の目標にする。 

 

5 細かくポイントを設定し、

 

1つずつクリアしていく。 

 

6 自分にプレッシャーをかけ、

 

サポートを得るために

 

友人や家族に目標を話す。

 

7 定期的に

 

「達成するとどう好ましくなるのか」

 

を書き出し、利点を考えるようにする。

 

8 モチベーションと進歩の感覚を守るため、

 

1つのステップをクリアしたら

 

自分にご褒美を与える。

 

9 達成までの計画やプロセスを記録し、

 

グラフや絵を使って分かりやすく示す。

 

10 心が折れそうなときは諦めるのではなく、

 

一時的に前の習慣に戻ったと解釈する。

 

 

目標設定される方はご参考にしてみて下さい。

ポイントは記入すること。

出来れば声を出して記入するほうが良いです。

何も記入しなければ

ただの”夢”に終わってしまいます。 

ハーバード大学の

ハーバードサーベイによると、

目標やテーマを掲げた人全体の

3%が成功者であり、

その人々は具体的な目標設定があり、

しかも、

紙に記入して毎日確認していた

というデータがあります。

このように反復することにより

目標は潜在意識下に入り、

無意識レベルで我々の行動に影響を与えます。