心理各講座のご案内


心理各講座は、

対面とオンラインがございます。

 

■セルフカウンセリング講座

(心理基礎講座)

 

自らの心をご自身で

整える力が培えます。

ご自身の課題や問題の解決、解消、

ご夫婦やパートナーとの関係性の改善、

ご家族との関係性の改善、

職場の人間関係の円滑化等

活かされたい方。

 

全5回、計25時間の講座です。

全受講後に修了証を発行いたします。

心理カウンセリング講座

 

カウンセリングの技術が、

日常生活

(人間関係の改善や円滑化等)

ビジネス

(HRマネージメント能力の向上等)

に確実に活かせます。

又、

心理カウンセラーのプロを

目指されている方、

体系的に学ぶことにより、

心理カウンセリングの

スキルが着実に身につきます。

 

全10回、計50時間の講座です。

全受講後に修了証を発行いたします。



受講をご検討中の皆様へ


私は、

2010年に民間の心理カウンセラー養成科で

600時間に渡り、主に臨床心理学と

心理カウンセリングの講義を受け、

カウンセリング実習も重ね、

心理カウンセラーライセンスを取得

いたしました。

そして、講座受講後に講師を勤めた後、

独立し、

CocoroTerrace  ココロテラスを開設。

2016年、国家検定の

キャリアコンサルティング技能士2級を

取得し、

国家資格キャリアコンサルタントに登録、

現在に至ります。

 

当初、心理学は、日常的に書物等で

独学で学んではいましたが、

心理カウンセラー養成科という環境で

本格的に学ぶのは初めての体験であり、

戸惑うことも多く、

難しいことも多々ありましたが

受講してみて

本当に良かったと感じています。

 

何故良かったか?

 

それは、独学とは違い、

心理学の基礎を体系的に学べたことにより、

基本的な心の仕組みが分かり、

自分自身の問題解決や

他者との円滑な関係構築等を、

自身の価値観や思い込みを

外したところで俯瞰し、

より客観的に見つめることが出来たからです。

その基礎が、現在の生きやすさに確実に

繋がっていると実感しています。

そして、今現在も

自己研鑽のための学びは欠かせないほど、

人の心。特に自分自身の心の動き

というものは複雑だと感じています。

 

ご夫婦の悩みや恋人との悩み、

職場での人間関係や、親子の問題、

自信の無さや、自責の苦しみや葛藤、

生きづらさや障がいになるものを

取り除いていく為の心の整え方等、

様々な課題や問題が多くの人々に

存在しています。

何故、その課題や問題が生じるのか?

に誰しもが焦点を当て、その理由や

その意味を知りたがります。

確かに、知った瞬間に悩みが

解決、解消することもあるのでしょうが、

ほとんどの場合、

それは、事実の解釈を合理的に

自身の都合に合わせ解釈しているに過ぎず、

肝心の、自身の心の反応の修整や

変革の必要性に気づけない。

だから、課題や問題を引き続き

(形を変えてその後に)

抱き続けることとなり

生き辛さが続いていく。

 

自分ってこういう人だから。

自分に忠実に生きる。

ぶれない自分を創造する。

心が強いことは正しいことだ。

など、

 

プラス面で生きているうちは

これらの考え方は良いのですが、

ひとたびマイナスの側面が

大きくなると、それらが

その人を苦しめる最大の要因となります。

全ての課題や問題が生じるのは、

私たちの心の反応次第です。

その反応を変えていくのは

とても難しいことであり、

行動面を変え、常に自分を客観視し、

自身に縛られない自分を創造することが、

私が導き出した柔らかで、しなやかな、

生きやすい心の在り方の答えの一つです。

 

その為に、心理学というものは

とても有用だと私は思っています。

 

セルフカウンセリング講座

(心理基礎講座)では、

心の動きの客観視、

自身の心の反応の俯瞰等を、

「いつも使える日常の心理」

の基礎として学んでいただきたいと思います。

 

心理カウンセリング講座では、

心理カウンセリングのスキルを用いて、

円滑な人間関係を築きたい。

夫婦関係、家族関係、恋人との関係、

職場関係の改善を図りたい。

自分の内面を更に見つめ、

より良き人生を送りたい。

心理カウンセラーとなりたい。

などのそれぞれの方々の課題や問題の

解決や解消、目標の達成に向け、

学んでいただきたいと思います。

 

ただし、心理カウンセリング講座は、

セルフカウンセリング講座

(心理基礎講座)に比すると

格段に難しくなります。

故に、習得を真に目指されるならば

復習は必須となり、安易な学習計画では

挫折は目に見えています。

ご検討前にご自身の確固たる動機を

必ずご確認のうえでお申し込みください。

カウンセリングスキルを習得すると

人間関係が変わってきます。

カウンセリングスキルを習得すると

心の幅が広がります。

心理カウンセリングは

クライエント様の心の成長と共に

カウンセラー自身の心の成長も伴います。

他者の心の鏡になるということは

とても難しいことです。

その為の学びの全ては自分自身の成長として

確実に反映されることに

間違いはありません。

又、もしプロの心理カウンセラーを

生業として考えておられるなら、 

常に自己研鑽が必要な

厳しい道のりとなります。

それは、他者の悩みを伺う仕事である以上、

自分自身の悩み(課題や問題)との

直面・対決が不可避となるということ。

何故ならば、自分自身が乗り越えるべき

課題や問題があったとして、

それを脇において

他者の相談に乗ることは出来ないからです。

(クライエント様の問題や課題と

似通ったものを抱えている場合、

カウンセラー視点がぶれ、

それに気づけないといった問題が生じる

可能性が高くなる。)

心理カウンセリングというのは

単なる話を聴くだけではありません。

(傾聴は大切なプロセスですが、

あくまでもプロセスの一部であり、

技術の一つです。

傾聴技法という言い方をします。)

クライエント様の

問題解決を担う伴走者であり、

サポーターであり、責任が発生します。

その責任は、

過度に自分の能力を過信せず、

自分の能力において難しい事例では 

自身よりもスキル上位者等への

コンサルテーションも

クライエント様の利益の為に

行う必要性もあります。

又、適切な医療機関や専門機関等への

リファーも必要となってくる

場合もありますが、

無理にカウンセリングを続け、

クライエント様ファーストではなく、

自身の誤ったプライドや、

経済的事由等の為に、

長々と、クライエント様に

辛いお気持ちを持たせ続け、

問題や課題の解決、解消を引き延ばし、

貴重なお時間を奪い、

経済的ご負担を強いる行為は、

プロとしてとても無責任なことだと

常に認識する必要があります。

だからこそ、自分自身と

謙虚に向き合わなければなりません。

人の心に携わるのは

それ位厳しいものであると、

私は思っております。

ですから、例え無料や少額であっても、

当講座を受講後、

直ぐにカウンセラーを名乗られて

活動することをお止めする場合も

ございますことを

あらかじめご了承くださいませ。

その場合、ロールプレイングという形で

私自身が徹底的に

お手伝いをさせていただき、

技術の更なる向上と、

経験を積んでいただき、

その上で、晴れてデビューしていただきます。

 

ココロテラスの

セルフカウンセリング講座

(心理基礎講座)

心理カウンセリング講座

の学びの環境の中で、

皆様とお会い出来ることを

楽しみにしております。

心より、

最後までお読みくださったあなたの

お申込みをお待ちしております。

 

ココロテラス代表

津村健司