· 

追悼

生き方


大好きな人が亡くなっていく。

大切な人が亡くなっていく。

愛すべき人が亡くなっていく。

憧れの人が亡くなっていく。

尊敬出来る人が亡くなっていく。


人は必ず居なくなる。

それは誰しもに例外なく与えられた宿命。


居なくなった人々を想う時、

その人は自らの中に存在し、

居なくなった人々を想わない時、

その人は、変わらずどこにも存在しない。


生死という生物学上の定義だけで

人間を捉えていくことは、

執着を生み、生き辛さを増す。


生きることは死することで、

死することは生きること。

それはつまり、

人は一人で生きているわけでは

ないことを意味する。


だから、

他者を尊重し、

タガタメにも自らを大切にする。


亡くなった大切な人々に贈る

最期で最高の言葉は、


「また、いつか」


それだけで、

私たちの生は彩りを増す。


合掌