· 

生き方よりも生き様

生き方


生き方

ってやつを私たちは模索する。


どう生きれば幸せになれるのか?

どう生きれば豊かに暮らせるのか?

どうすればこの苦境を乗り越えられるのか?


常に暗中模索の状態で、

先人たちの智慧や他者の方策などから

ヒントを得、それらをなぞりながら

僕たちは生きている。

他者の中には家族も入り、

家族の概念の中心には親がいて、

親の生き方をなぞりながら生きてみたり、

はたまた、

それを反面教師として生きてみたりの

試行錯誤を繰り返していく。

でも、

親は親であって自分ではないのが自明で、

そんな近視眼的な発想からの脱却を目指し、

僕たちは家族以外の周囲に目を凝らし、

自分と似通った思考や発想や

生活史を歩んだ人々を探し出し、

その方策をなぞろうとする。

でも結果、

その人はその人であって、

自分ではないってことに気づいていく。


そうなると大変だ^_^

何故なら、

拠って立つところが急に無くなったりも

するのだから。


なぞっていれば大変な想いをしなくては

いいものを、

私っていう存在と、

なぞる相手が違う人間だという

極めて当たり前のことに

気づいた時から人生は再スタートを切る。

それは、

僕的に申し上げるとしたならば、


今まで、そんな苦しいがんじがらめの

状況で生きてきた方には、


おめでとうございます。

です^_^


さあ

二度目の人生がやってきましたよ^_^

ってこと。


そっからが、

本当のあなたの人生だってこと。


なぞらないオリジナルの人生を歩む。


それは、

生き方の方向転換を意味する。


つまり、

生き方をどうする?

んじゃなく、

生き様に焦点を当てていく。


それが、

生き方^_^


生き方は未来志向。

生き様は現在の積み重ね。


全く違う視点に立つ。


生き様を重ねるということは、

今を生きるということで、

自分の生き様全てに意味を見出していく。

で、

逆に言えば、

その生き様なるものが

なんかしんどそうとか、

なんか不安そうだとか、

なんか自信がないだとか、

そんなものがあったから、

生き方の模索ってやつに

ただただ逃げていただけじゃないの?

ってことに気づいたとしたら、


そりゃあ

誰かの生き方をなぞったところで

身にはついていないよな〜ってのが分かる。


自分の生き様の中に、誰かの生き方を

取り入れていくっていう発想。

それがとても大切です。

だから、

目標が目標たる役割を果たす。


だって、

誰かの生き方をなぞる生き方における

目標なんて、

絶対に^_^達成するわけなんてないのだから。


生き様に焦点を当てた生き方の先に

目標があり、

その目標があるからこそ、

生き様が確かなものとなっていく。


だから、


生き様を感じ、考え生きる人は、


幸せになるためには?とは考えない。


では、

どう考えているか?


既に私は幸せだ。


って考えている。


だって、

生き様なんだから^_^


生き様という発想が幸せをもたらします。


それは、

自分史を

確実に編纂しているという感覚であり、

自分史を確実に編纂している感覚自体が

幸せ

に直結したものだから。


ご参考まで。