· 

内と外

生き方


内と外

ってことを書きたいために、


わりと既婚の男性に多いパターンと

働く女性で既婚者の方に多いパターン


として進めていきますね。


でもパターンだから、

勿論例外はございます^ ^


で、

このふたパターン共に共通するのは、

どちらも社会に働きに出ていて、

それでなくとも

世の中の様々な他者多様な人々と接するから

疲れていらっしゃる。


だから、


せめて家くらいは

ありのままの自分で過ごしたい。

^ ^


まあ、気持ちはよく分かります。


ひと昔前の男性あるあるで、


外に出れば敵ばかり。(7人やったっけ?^ ^)

俺様は社会の中で戦って戦って、

お前たちを食わしている。


だから、


しのごの言わず


メシに風呂!!


^ ^


未だにそんな男性

いてはるんだろうかね〜?



でもね。


お家に帰って


ありのまま


っていうのであれば、


行き過ぎれば、


私は、そんなひと昔前の男性像と

似たりよったりだと感じるのです。


ありのままってのは、


ワガママ気ままではないってことですよ。


それは例えば、


夫婦の会話がない。

あるいは少ないっての同じで、


つまり、


家族以外の他者には懸命に

配慮や尊重をするが、


家族は、


近いしいものだから、

配慮や尊重や

そんなものとは無縁な関係だと思っている。

(全く無いわけではないけれどさ^ ^)


だから、


別段、会話なんか無くたって当たり前^ ^


それ、


ありのままを履き違えた


ただの



甘えやん^ ^



つまり、


世の中の承認欲求を

獲得しようとすればする人程、


それは欲求なので、


求める程に疲れてしまう。


でも家族は


もう既に


承認欲求は満たした存在なので、


承認されているのは当たり前^ ^

当然のこととなるわけです。


つまりは、


欲求の動機付けが

極めて薄い


イコール


何も今更わざわざ働きかけなくとも


許される。


そして、


これ以上満たされたり求めたりの


必要もない。

^ ^


いやいやいや〜^ ^


ちゃうんちゃう??


それさ、

釣った魚にエサやらん

って、

忌まわしい例えとおんなじじゃないかい?



わりと、

社会でいわゆる外面の良い人は

そんな傾向が顕著な気がしますねぇ。


逆に、


外でも内でも

他者との関係性に対する意識に

差がない人もいて、

そんな人は、

外も内も

わりと上手いこといっています。


つまり、


外で良い人ほど

内に迷惑をかける^ ^

(確率が高い)

まあ、

モラハラ男性あるあるだわね^ ^



そしてさ、



甘えはさ、


ある程度はいいやん。


家族なんだから^ ^


でも、


その当たり前

(例えば夫婦の会話がない、少ないなど)





当たり前の



勘違いですよ。


繰り返しますが、

外と内が多少は違ってもいい。

それは仕方がない。

ある程度はさ。



でもね。


社会との接点なんて

刹那の連鎖でしょ。


一方、


家族は長く深い関係の醸成やん。

積み重ねやん。

歴史やん。



優先順位が
 


ちゃいまっせ!!


おかしいおかしい^ ^



社会に認められなくても別にいいやん^ ^

他人に満たされなくても別にいいやん^ ^


そんなことよりも、


家族という他者(他人よりは近いけど

自分じゃないんだから、他者なんだよ)

を優先にする意識で


生きようよ^ ^



しかも、

 

その前提があってこその


社会との関わりであり繋がりなんだよ^ ^

だから、

世の中で通用するし、

上手くもいくんだよ^ ^



間違えちゃさ、



結局どちらも逃げていきますよ〜(^o^)


その時になってからでは、


もう遅い(><)



気づいたならさ、



今すぐ行動を変えてちょうだい(^O^) 



はい!



じゃあね。



今晩帰ったらさ、



先ずは、


明日の寒さについての


会話からね^ ^


そっから始めればいいやんか^ ^


内と外。


優先順位をしっかり考えてみて!!



そゆこと^ ^


ご参考まで。