· 

ココロテラス:心理カウンセリング・キャリアコンサルティング[悟り]

生き方


例えば、

余命幾許もなくなった際、

人は何を悟るのだろうか?


幸せだったことを悟るのか?

理不尽さを悟るのか?

苦難の道のりを悟るのか?


人それぞれではあろうけれど、

多分、

共通して言えることは、


悟ることを悟る^_^


人は、

どうあがいても、

結果に生き、結果に死ぬ。


それはつまり、

自分に対する評価というものを

いつも自分に求めていて、

その評価を自分なりの答え合わせをして

勝手に採点をし、その採点によって、

人生の一喜一憂に繋げて生きている。


それは勿論、

自身の価値観や信念に裏打ちされる

ものでもあるのだが、

それらの大体は、

自分のものだと思ってはいるが、

誰かのものがほとんど。


その誰かの価値観によって

自分は生きてきたんだ!

なんて、最期の刻に皆んな悟る

んだろうな^_^って私は思います。

で、

悟ることを悟るってのは、


そういった人生の意味合いを、


もっと早くに知っておけば良かった〜

って後悔ね。

そいつを悟る人が大半だと感じます。


で、

そうなると、

人は何故生き、何故死ぬか?

っていう壮大な難題に向き合うことに

なっていくのだけれど、

そもそもが、

結果ありきで生きるからこそ

何故?何故?何故?

と答えの出ないものにまで

答えを無理矢理にでも導き出そうとする。


だから、

もし、


生きているうちに悟りたいのであれば、


答えなんてどこにもない


って世界観を自身の中に

打ち立てれば良く、


それは、

極めて頼りなく、

極めて不透明であり、

極めて不安定な心許ない状態だけれど、


頼りなく、不透明で不安定で

心許ないからこそ

見えてくるものがある。


それは、


生と死


ってやつが曖昧模糊としたものとなり、

それは、

決して投げやりなものになってしまっては

とても困るのだが、

そういった捉え方ではなく、


生死の境がないのだから、


完全なる

パーフェクトワールド(^O^)


が存在するってことを見ていくってこと。


つまりは、


この世界に

自分は居るけれども居ないという

全てと繋がった世界を感じていくってことで、

そいつが、

繰り返しますが、


パーフェクトワールド(爆)


その世界では、

全ての中の一部であるに過ぎない自分は、

一部に過ぎないのだけれど、

その一方では、


確かに一部でもあるという


極めて、

確かな安心感をもたらす。


そいつがもしも

生きているうちに獲得出来得たなら?

人はどうなるだろうか?


そう。


生死を超越していきます^_^


誰の支配もなく、

誰を支配するでもなく、


何かに所有されるもなく、

何かを所有するでもなく、


全ては一体な世界。


幸せ、不幸せ

なんて概念もぶっ飛びます。

時間だって消え去ります。


僕らが感じる

不確かなものに対する恐怖ってさ、

人間社会が便宜上、

創造してきたものに

過ぎないんじゃないの?

ってね。


最近、つくづく深く思うのです。


だから尚更こう思う。



不確かさは怖いものではない。



逆に、

全体の一部であるっていう面で生きてみると、

安心と安定しかもたらさない。


だって、

僕らはパーフェクトワールドの一部

なんだからね。


この思考性の獲得をさ、

是非!

お試しあれ( ◠‿◠ )


もっと楽に生きれますから。