· 

「も」








萠(モエモエ〜♡)

モォ〜(それは牛さん)

メェ〜(それは山羊さん)


冗談はこれくらいにして(^◇^;)

このブログのタイトルは、


『も』


です。


私は、

この『も』を愛しています。

いや、

正確に言えば、

愛したいと思っているって方が

正しいかもしれません。


人は悩みの渦中にいる時は、

得てして


白か黒


のような極端などちらかに振れるもの。

だって、

極端に振りきらないと、

その悩みをずっとずっと、永遠に

抱え続けることがしんどいものね。


そのやり方としては、

例えば、


善悪や正誤の価値観を引っ張り出し、

仮に善に振ったならば、

私は善で、あいつは悪だ!

だから、私は悪くはない。

間違っているのは奴の方だ!

酷い奴だ!悪い奴だ!

と自分の気持ちを保つ(護る)手段にする。

又、

逆に、

私が悪(悪かった)だから、

大切な人を傷つけてしまった。

あんな善い人を傷つけてしまった。

私なんて、価値の無い存在で、

醜い存在で、どうしようもない存在で、

・・・(ToT)

ってなことに振り向ける。

それは、

自分を下げて下げて、

まるで、自分に罰を与えるがごとく下げて、

自虐化する為に悪というものを採択し、

心の安定化をはかる。

(注)ここで言う安定とは?
ざわざわしている心を何とか一定にしようと
して、バランスを取る為に、悪を採択し、
自分自身を下げていくって意味合いで、
この状態が安定している状態であるとは
決して言えません。


これらは、

決して間違っているものではなく、

極々当たり前に、

私たちの心の最後の防衛手段として使うことが

多くの人々にあろうかと思います。

そして、

極端に振り切ることで、

スッキリを目指す。


だって、

スッキリが爽快だもんね。

だって、

スッキリが美しいもんね。

だって、

スッキリが気持ちいいもんね。


そう。

スッキリという魔力がそうさせる。


でも、現実は、


極端に振りきったとしても、

なかなか

スッキリはしない >_<


何故なら

そこに


『も』


があるから。


悩みというのは、

事象(出来事)だけを見ると

一見、シンプルに思えます。

でも、

そこには恐ろしい程に

様々な要素が絡み合っていることが多いです。

私はカウンセラーですから、

先ずはクライエントさんの主訴

(主な訴え)をお伺いします。

でも、

その主訴のほとんどが、

ご本人が意識していないや

気づいておられないやの

課題や問題の上で起こっていることが

分かります。(真の主訴としておきましょう)


それは、

ケースによって実に様々です。


例えばですが、


その方の性格傾向なのか?

物事の捉え方なのか?

周囲の環境の問題なのか?

疾病や体調の問題なのか?

ジェンダーの問題が背後にあるのか?

教育の問題があるのか?

複雑な人間関係が背後にあるのか?

過去の出来事がベースにあるのか? 

社会の情勢や趨勢が影響しているのか?

などなど、実に様々ですし、

その様々な要素が絡み合っているのが

実際です。

その絡み合いが、

今、ご自身が認識されている悩み(主訴)

を創っている。

つまりは、

絡み合い

即ち


『も』


がある。


『あれもこれもそれも』


でも、

あれもこれもそれも

では、抱えきれないし、

心が破壊されるから、


スッキリさせようとして、


極端に白黒に振り分ける。


でも、

振り分けたとしても、

前述したように、

なかなかスッキリしない。

でも、

振り分けないと苦しいから

振り分けた風を装って生きていく。

でも、

その負荷に悲鳴をあげた時に、

心が壊れてしまったりする。


つまりは、
 

人って、

そこまで頑張るものなんですよね。

ホント、

私たち人科(ヒトカ)の生き物って、

せつなくて、ホント健気ですよね。

懸命に生きている。

懸命に苦しんでいる。

そして、


懸命だからこそ


悩む。


だからこそ、

私は、

そこまで、振り切るアクションを起こす前や、

起こした直後にでも、

是非、


『も』


を活用して頂きたいと思うのです。


それは、











ある。

そして、

白と黒を混ぜると

グレーとなり、


グレーとは、

スッキリとした色ではない。

ってこと。


極端に振り向けた思考は、

真ん中を選ぶことが極めて下手くそです。

真ん中、つまり、

グレーってのは

とても気持ちが悪い。

又、そして、

気持ちが悪いものは、

大概の人々は、

嫌なもので忌み嫌う。


だから、

冒頭お伝えしたように、


私は『も』を愛したい。

『も』はつまりは、

グレーだから。


そのグレーは、


そのグレーも、


紛れもなく、

自分の一部なんだから。


黒の一部にも白があり、

白の一部にも黒がある。


黒は純粋な真っ黒ではない。

出来事に置き換えるなら、

必ず例外がある。

白もそう。

純粋な真っ白ではない。

必ず例外がある。



極端に振りそうな時は、


グレーを認める。受け入れる勇気を持つ。


黒があり、白があり、グレー『も』ある


スッキリさすが為に、

極端に振ることにより、

スッキリがなかなかやってこないので、

人はどんどん疲弊していく。

人はコンピューターではない。

0-1で生きているものではない。

それが、人のしんどさでもあり、

素晴らしさ!!


又、そして、

スッキリは、

生涯において、

そんなにあるわけじゃない。

たまにあるスッキリは、

甘美で希少で貴重な

かけがえのない贈り物。

そんなにいつもあるものではない。


そこに本心から気づけた時、


グレーを受け入れ、

上手に付き合えた時に、

初めて人は、

安定し、

日々の少しの嬉しい出来事に対して

幸せを感じだりするもんなんだな

ってね。


私は、想うのです。


願わくば、

『も』を愛する人がもっともっと

多くなりますように。


自分も許容し、他者も許容し、

殺伐としたこの社会に潤いと優しさを。


ココロテラス
津村健司