アファメーション(自己暗示)の方法

 

簡単な自己暗示。

 

アファメーションについてです。


大勢の前で

これからプレゼンしなければならないとか、

今から面接だ!!とか

今日好きな女の子(男の子)に告白しよう!!

だとか、

緊張する場面を向かえた時、

若干、

毎日の練習が必要ですが

この方法は非常に効きます。

無意識下に訴えることがキーポイントなのと、

肯定的、積極的暗示をすることが大切です。

(決して否定的、消極的な暗示は

入れないで下さい。

無意識に働くので危険です。)

 

例えば、プレゼン前などには、

緊張しない。は ×

堂々と意見を言って、

聴衆は拍手喝采である。は ○

といった感じで。

(より具体的なリアルなイメージで)

 

開発者の方々の中に、

私の師事する心理学の先生がいらっしゃり、

その方はプロ野球選手など

スポーツ選手の集中力UPのために

日本全国を廻ってらっしゃったとのことです。

阪神タイガースのピッチャー〇〇さんなども

指導し、効果がかなりあったそうです。

以下が行い方です。一度、試してみて下さい。

 

『呼吸法により脳に酸素を豊富に取り込み、

イメージの残像を

瞼の裏で見続けることにより、

脳内を短時間で

fmθ波(エフエムシータ波)

状態にするもの。』

※fmθ波(エフエムシータ波)とは

額の中心から発する脳波で、

潜在意識の状態、深い瞑想状態、

記憶と学習に適している脳波の状態

と言われています。

 

◆呼吸法から始めます。

1、鼻から息を2秒吸う

2、2秒止める

3、口から糸を吐くように5秒で吐く

4、2秒止める

これを3クール繰り返す

 

◆イメージカードをその後眺めます。

1、イメージカードを

焦点の合う位置に持ってきて、

20秒間見つめる。

2、静かに目を閉じ、

瞼の裏に現れるイメージの残像を見つめる。

3、現れては消え、

又現れる残像が完全に消えたら

自己暗示を入れる。

 

3の状態のときに脳はリフレッシュされ、

クリアな状態になっているので

アファメーション(自己暗示)を入れていく。


以上です。簡単でしょ。

 

残像が瞼の裏に現れるまで

少し練習が必要ですが、

慣れたら色がついているものは

反転して見えます。

そして、効果の時間ですが

30分くらいです。

長期の効果をもたらすのは

自立訓練イメージトレーニング

というものがあって、

こちらは毎日行わないといけません。

今回ご紹介したのは

即効性があり手軽に行えるやり方です。

Google画像検索で「残像イメージカード」で

検索するといくつかヒットしますので、

スマホにでもダウンロードし、練習し、

ここぞという時に行ってみてください。

 

下図は、

比較的初心者の方でも

アファメーションしやすい

イメージカード(十字架)です。

十字架中央の黒点に焦点を合わせてください。