プライドの考察

 

歳を取ると、

人は、

いや特に男性は、

昔の仕事の役職や、

いかに自分が苦労したかや、

武勇伝やら自慢話をしがちです。

世の中で、あたかも自分が

一番素晴らしいと

誰かに言ってもらいたいが為に。

そして、

その欲求を肯定せんが為、

国や地域や法人や、

自分の属している組織やコミュニティー、

(成功者や素晴らしき)個人への

批判や意見や不満や悪口に

いそいそと励んでいく。

そう。

自分は正しく、他者は全て間違っている。

自分は凄くて

他者は自分より劣っていると言わんばかりに。

でもね。

よくよく考えてみてください。

自分は本当に正しく、

そんなに素晴らしい人間なんでしょうか?

(実は自分がそれ程大したことがないことを

知っているからこそ、

批判することによって

溜飲を下げるってこともある。)

日本という国は、

にアメリカナイズされていて、

自分の主義主張を

もっともっと行ったほうが方が良い

という風潮がある。

謝れば負け 

なんて愚かな発想がある。

(アメリカの自己防衛としての手段)

そして、

その根拠とするものは

他者が悪くて自分は正しいという

出鱈目で捻じ曲げた根拠。 

他者は悪で、

自分こそが正義という

出鱈目で捻じ曲げた根拠。

それって格好悪くないですか?

本当の意味のプライドを理解している人間。

つまり、

自己肯定感の高い人は

他者の悪口は一切言いません。

何故なら、

自己肯定感が高いということは

自分をしっかり満足させる術を持っているから

自分を肯定させるがための

他者攻撃が必要ないんです。

そして、

驚くことに、

多くの成功者やステータスの高い人程、

他者を攻撃したり批判するのではなく、

他者を尊重し理解し、

協調することに留意し、

それが習慣化し、

完全に自分のものとなっています。

だから成功するとも言えますし、

同時に人格者でもあるのです。

 

何を持って成功か?

というのはさておき、

まずは、

人を批判したり攻撃したりすることを、

自分が無意識にやっていないかを確認し、

もし、

癖になっているのなら

直ちに意識的に

止めてみたらいかがでしょうか。

結局は、

自分自身の価値を

益々落とすことになるのですから。